闇金から仮執行宣言付支払督促が来ることがある??

うちの弟嫁が借金してたとかで弟夫婦が離婚の危機らしくてなかなかに大変です。
貯金もせずに借金とか…しかも借金の理由が別に生活費が足りないとか
そういうのじゃなくて、なんともまあ呆れたことにホスト通いにハマってたかららしいんですよね。
それでもまだ普通のとこ(っていうのもなんですが)からお金を借りているんなら
まだしも最悪なことにヤミ金に手を出していたって言うことで、そりゃ離婚だなんだってなりますよね…。
もちろん、子どもがまだ小さいので、たぶん今離婚したら親権は嫁側に
いっちゃんだろうなぁとは思いますが、ホスト通いしてたっていうことで
弟は子どもも本当に自分の子どもなのか?っていうとこから疑ってますからね。
まあ、生まれたときから弟の要素のない子だなぁとは思ってはいましたが
それは嫁のクローンか?って感じで嫁そっくりだったからそのせいかと思ってたんですけども。
でも似すぎてるからこそ、嫁に愛想をつかしたら子どもの顔を見るのも辛いっていうのもあるかと思います。
嫁がヤミ金業者から借金したっていうのも、どうも、最近多いソフトヤミ金というやつで
業者とのデートまがいにハマっていたからっていうセンが濃厚なんだよなぁ。
一昔前と違って、最近は総量規制のせいで、これまでヤミ金とは縁のなかった
主婦層や老年層がまともなところからお金が借りられなくなるケースが増えてしまい
仕方なく、ヤミ金に流れてしまうというのが続出しているらしいですが
ヤミ金の怖いイメージを払拭したソフトな対応で闇金融の利用のハードルの
高さを緩和しようとしてるらしいんですよね。
それで、その一環で取り立てというか、借金の返済日に業者が迎えに来て
デートみたいに一緒にお茶したりとかして返済を促すとかいうやり口があるみたいなんですよ。
弟嫁はまんまとこの作戦にひっかかってしまったようで…。
もともと、この問題が発覚したのだって、弟嫁が何を血迷ったか、
私に同じ業者からお金を借りないかって誘ってきたことから発覚したんですよ。
なんかうさんくさい業者だなと思ったら闇金融で、弟にソッコー告げ口したせいで
今、なんかめっちゃ私恨まれてるらしいんですけど、そんなの知った事かですよ。
悪いのは自分自身なんだから、ちゃんとけじめつけてほしいものですね。
結局、このままだと離婚後自己破産コースかな~なんて思ってますけど、
子どもだけはなんかさすがに可哀想なんで、できれば、嫁が手放してくれないかなっておもっています。

闇金が支払督促状送ってくるとは思わなかったのですが、これは一種の詐欺でまかり通っているようなので、架空請求なのに放っておくと仮執行宣言付支払督促が次は送られてきて、それも放っておくと今度は実際に敗訴が決定して強制執行されて財産差押の目に遭っちゃうので本当に注意が必要です。

返せないほど借金できるのは甲斐性?

あんまりにも借金を重ねて、とても自分の力では返済しきれないという状態になってしまいました。
頑張って借金を返済しようと思っても額が大きくなりすぎて、
借金返済のために借金を重ねなくてはならないという状態になってしまっているんです。
いわゆる多重債務者っていうやつですね…。
ここまできたらもう自己破産しかないのかなって思ってるんですが
借金の理由が買物依存症で使いすぎたっていう自業自得な理由でも
ちゃんと手続きって受け付けてもらえるのかなって不安です。
ネットショッピングにハマってしまって何年かで本当に自分では止まらない感じに
お金を使うようになってしまったんですよね。
最初の頃は特にそんなに心配もしてませんでしたし、欲しいものを買うといった
感じでしたけど、そういうネットショッピングをするとポイントとか
貯まるじゃないですか…そのポイントを貯めるのが楽しみになって
特にそんなに欲しくないものでもなにも考えずにぽんぽん買ってしまうようになってしまたんですよ。
しかもクレジットカード払いしてるとまったくお金を使ってる実感もわきにくいですし。
しかし、債務整理で自己破産したところで、この依存症が治るとも思えないところが悩みどころです。
借金問題は法律事務所にお任せするとして、それはそれで、別として
病院とかにでも行ったほうがいいんでしょうかね??
一応、ネットとかで同じ境遇の人がいないかとか検索したりしてはいるんですけどね。
基本、借金の解決方法についてはどこのサイトでも似たようなこと書かれていますし
やっぱり弁護士だの司法書士だのに自己破産手続きを依頼するのがベターなんでしょうけど
依存のほうはこれといった確実な解決方法がね…見つからないね。
別に買い物依存症だけではなく、同じく借金の原因になりやすいギャンブル依存症なんかでも
劇的に改善するという何かはないって書いてあるしね…。
っていうか、ギャンブル依存症のほうだと、一切のギャンブルから離れるしかなくて、
適度にギャンブルをするということは一度依存症になってしまった人には
不可能なんて書かれていたんですけども、ギャンブルならそれでいいでしょうけど
一生、買い物をせずに生きていくっていうのは実質不可能なんですけど…。
まあ、ネットショッピング禁止くらいならできるのかもしれませんけど。
自己破産したらクレジットカードも使えなくなるんでしたっけ…?
それだと現金だけでの実物買いばっかになりそうだから少しはマシになるのかな?
そもそもお金の使い方を小学生のお小遣い帳からやり直したほうがマシな
レベルなんじゃないかなって暗い気持ちでいっぱいなんですけどね。

闇金相談は弁護士でないと関係は絶てない

外から見ているとヤミ金被害にあっている人というのはどうしてヤミ金解決の
ために法律事務所に行って、法律の専門家に相談をしないんだろう?
と、思ってしまう人が多いかと思います。
たしかに第三者の視点で見ると、不可解かもしれませんが、やはり当事者になって
みないとわからないことも多いのです。
私もヤミ金からお金を借りてみてはじめて、実際に闇金ウシジマくんのような
激しい取り立てを経験してみて認識が甘かったというのを痛感しましたし
恐怖心から思考が停止してしまっていました。
冷静になって考えてみると、ヤミ金業者は違法行為をしていますし、
ちゃんと出るとこでれば立場が悪くなるのはヤミ金業者なのですから
無駄に恐れる必要はないんですけどね。
債務整理をした後も嫌がらせをうけるのでは?と、心配していたのですが
債務整理後に嫌がらせをしても、単純に嫌がらせにしかならなくて
ヤミ金業者の利益にはならないわけですし、それをすることによって
人員を割かなかればならないと考えるとむしろ不利益につながりますよね。
なので、多少は嫌がらせが最初はあるかもしれませんが、永遠にあるとは考えにくいです。
また、私が相談、手続きの依頼をした弁護士の先生は闇金解決のスペシャリストだったので
ヤミ金相手の交渉もお手の物っていう感じでしたし、
今後の自分の行動についてもアドバイスをもらえてとても心強かったです。
相談料の心配もしていましたが、ちゃんとお金のないこちらの事情を
考えて分割で支払いをしています。
最初は闇金にバレるかもしれないと怖くて、メール相談から始めましたが
なんどかやりとりするうちにだんだんと冷静になってきて、大丈夫だと思えたのが印象深いです。
一人でくよくよ悩んでいては同じ考えがループするばかりで問題は
何も解決していかないっていうのは本当だなって思います。
もう二度と、あの取り立てに怯える日々に戻りたくはないという気持ちから
今は真面目に借金しないで自分を甘やかさないで生活できていると思います。
もちろん、個人再生をしたので、それによるデメリットもうけていて
それで借金ができないという身の上だからというのもあるでしょうが
たとえ、そういった制限がなかったとしても、本当に借金生活はこりごりなんです。
以前、ギャンブルにつぎ込んで借金を作ってしまったのが本当に
浅はかだったなぁと思いますし、それ以来、ギャンブルには一切さわっていないという生活です。

ギャンブル依存症で破産しました

私がギャンブルにはじめて触れたのは大学生の時でした。
サークルの先輩に誘われて、なんとはなしにパチンコに行って遊ぶことを覚えてしまいました。
それでも学生のうちはたまに遊びに行って、バイト代内で勝った負けただのを
していて、本当に娯楽として付き合っていた感じだったんですが、
社会人になり、仕事のストレスからか、だんだんとパチンコ店へ通う頻度が増えていきました。
ゆくゆく自己破産することになる借金の理由がこんなギャンブルかと思うと
本当にお恥ずかしい限りではあるのですが、おそらく私はギャンブル依存症と
いうものになっていたんでしょうね…。
もちろん、そんな依存症になっているということは無自覚だったのですが、
お金がなくてもパチンコしたい、借金をこのまま続けるということは
よくないことだとわかっていても消費者金融のカードローンでキャッシング
しつづけてしまって自分では止められない状態だったんです。
そんな状態になっている私を説得してとめてくれたのは家族でした。
借金は一人の問題ではなく、家族などの周囲も巻き込むといいますが、本当にそのとおりだと思います。
父親が早くに亡くなり、母親が女手ひとつで育ててくれて、大学まで
出してくれたっていうのに、自分は親孝行どころか、こんな借金まみれな状態になっていて
親不孝どころの話じゃないなと思いました。
結局、なんとか母親を安心させるくらいには立ち直りたいと思い、自己破産の覚悟を決めました。
一度、自分の中で決めてしまえばあとは弁護士や司法書士などの法務事務所に
相談・手続き依頼にいくのはネットなどを使えば今のご時世簡単にできますし
そこからの問題解決への動きははやかったです。
それと比べると何よりも無駄にしたなと思うのがやっぱりうだうだと
借金どうしようかと悩みながらもパチンコがやめられなかった期間だったと思います。
もちろん、自己破産の手続きを依頼するのに当然、弁護士費用などはかかりますが
自己破産をするような人間に対して、費用を一括請求するなどということはなく、
分割で支払える範囲で費用支払計画もたててくれるので、
お金のことを心配している人は安心して相談してみるといいかと思います。
初回の相談は無料だったり、あるいは電話相談は無料、さらにはメールでの
相談は匿名でもできるというサービスをしてくれている法務事務所も
数多くあるので、そういうところを利用してみるとかなり敷居の高さが
和らぐかな?と思います。